ネット上の人権侵害、16年は過去最多 中傷など相次ぐ

ITmedia ビジネスオンライン / 2017年3月17日 14時4分

法務省が3月17日発表した人権侵犯事件数の調査結果によると、2016年のインターネット上での人権侵犯事件数が前年比10.0%増の1909件に上り、01年の調査開始以来最多だったことが分かった。 内訳は、「プライバシーの侵害」が最も多く、14.2%増の1189件。次いで多かったのが「名誉棄損」で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング