「タカタ問題」の論点整理

ITmedia ビジネスオンライン / 2017年6月19日 6時48分

経営に失敗したら退場するのは資本主義の大原則だ。淘汰こそが進歩のメカニズムだからだ。エアバッグの巨大リコール問題で対応策を間違い、深刻な窮地にあるタカタは、会社更生ではなく民事再生という方法をとった。要するに倒産の一形態である。ただし、倒産イコール廃業ではない。廃業するケースもあれば、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング