ローソンの「売上高1割アップ」が困難な理由

ITmedia ビジネスオンライン / 2017年7月26日 6時0分

2017年5月に行われたローソンの株主総会では、竹増貞信社長に対して株主から厳しい質問が相次いだ。特に株主の関心が高かったのは、親会社となった三菱商事との利益相反問題である。 コンビニとそこに商品を納入する商社との間には、常に利益相反が発生する可能性がある。コンビニにとってはできるだけ安く商品を仕入れた方が利益が大きいが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング