東証、不正取引発覚の半導体メーカーに違約金1000万円

ITmedia ビジネスオンライン / 2017年9月25日 19時27分

東京証券取引所は9月25日、株主と投資者の信頼を損なったとして、半導体メーカーのインスペック(東証2部、秋田県仙北市)に対して1000万円の違約金を課したと発表した。 東証によると、インスペックはかつて、2013年3月までに同社株式の月間平均時価総額と月末時価総額がともに3億円以上にならなければ上場廃止となる状況にあった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング