「黒染めの強要」「下着のチェック」――“ブラック校則”の実態をNPOなどが調査

ITmedia ビジネスオンライン / 2017年12月15日 13時29分

「生まれつき茶色の髪を黒く染めるよう強要された」「スカートをめくられ下着の色までチェックされた」――。こうした理不尽な校則を強要する、いわゆる“ブラック校則”の実態を調査するプロジェクトが12月14日に発足した。 プロジェクトは、教育関係のNPO法人「キッズドア」理事長の渡辺由美子氏など3人が発起人となり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング