副業をやめた社会人は55% 時間・スキル不足で「両立」困難

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年5月17日 13時51分

副業を始めたものの、途中で断念したビジネスパーソンは55%に上る――エン・ジャパンの調査でこんな現状が判明した。“働き方改革”の一環で副業解禁に踏み切る企業が増えているが、社員が副業を続けるのは簡単ではないようだ。 副業をする際にネックとなった点は、時間管理(64%)、確定申告などの事務作業(31%)、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング