JR東、武蔵小杉駅に横須賀線ホーム増設、新改札口も “タワマン混雑”対策

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年7月17日 17時29分

JR東日本と川崎市は7月17日、JR武蔵小杉駅の混雑緩和に向けて、同駅に下りホームと改札口を新設する覚書を締結したと発表した。同駅では近年、周辺地域にタワーマンションの開発などが相次いだ影響で人口が増えており、朝の通勤時間帯などにホームや連絡通路が混雑する点が問題視されていた。 ホームを増やすのはJR横須賀線。2023年度をめどに下り専用ホームを新設し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング