写真

第三者委員会による調査で、スルガ銀行の常軌を逸する実態が明らかに

第三者委員会が公表したスルガ銀行の実態は、大方、予想されていた通り、ひどい内容であった。 貸出金3兆1500億円のうち、1兆円が不適切な手続きで実行されたものだというから開いた口がふさがらない。その営業推進体制もまさにパワハラの極致だった。実現不可能な水準の貸出目標が掲げられ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング