写真

主要仮想通貨価格が急落(=CoinMarketCapより)

ビットコインを筆頭にほとんどの主要仮想通貨価格が10月11日に下落に転じ、仮想通貨市場は3時間あまりで時価総額160億ドルを失った。6600ドル前後で横ばい推移を続けていたビットコイン価格も6200ドル台まで値を下げた。CCNが報じた。 仮想通貨価格急落の要因となったのは、国際通貨基金(IMF)が10月8日付で発表したレポートで「仮想通貨市場の急速な成長が国際金融システムにおいて新たな脆弱性をつくり出す」と警鐘を鳴らしたことだとの見方が強い。 また、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング