医師の命は軽い? 過労自殺を生み続ける“加害者”の正体

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年11月9日 7時30分

「教壇に立つ私の携帯が鳴った。授業を中断し、急きょ新神戸へ。列車が滑り込んできた時、医師から携帯へ。『心肺蘇生を打ち切ってよいか』。私は訳も分からず、『止めないで!息子を助けて!』と叫んだ。看病どころか、息子の命は風前のともしび。母は何もしてやれない。 夕方逢えた息子はすでに冷たく、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング