喫煙者が「プルーム・テック」に換えると、有害物質は禁煙並みに減る――JTが安全性強調

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年11月9日 18時46分

紙巻きたばこを日常的に吸っている人が、加熱式たばこ「PloomTECH(プルーム・テック)」に切り替えると、体内の有害物質は禁煙した場合と同じくらい低減する――JT(日本たばこ産業)は11月9日に都内で会見を開き、こんな臨床試験結果を発表した。 試験では、紙巻きたばこを日常的に吸う喫煙者を医療施設に入院させ、途中で(1)紙巻きたばこを吸い続ける人、(2)プルーム・テックに切り替える人、(3)禁煙する人――の3グループに分けた。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング