アジア攻めるNetflix、日本作品は生き残れるか 首脳部に直撃

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年12月10日 9時15分

全世界での契約数が1億3000万世帯と、映像配信ビジネスのトップを走るNetflix。11月、シンガポールで「SeeWhat'sNext:Asia」と題した大型カンファレンスを実施した。同社がメディアに向けてこうした催しをアジアで開催するのはこれが初だ。 その狙いはアジア市場の攻略。巨大な人口ながらいまだ支配的な映像配信サービスの企業がないアジアは今後、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング