消費増税、コンビニや酒屋のちょい飲みに混乱? 軽減税率でイートイン狂騒曲

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年12月14日 11時0分

2019年10月の消費増税と同時に導入される軽減税率。外食・酒類を除く飲食料品は10パーセントから8パーセントに軽減される。今回、特に小売店に併設されているイートインでの混乱が懸念されている。コンビニやスーパーをはじめ店頭で飲食できる小売りのスペースは意外と多い。現場でどこまで制度変更が厳しく適用されるのか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング