稀勢の里が「ケンシロウ」になれなかった理由

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年1月17日 13時3分

平成最後の日本出身横綱が身を引いた。大相撲の横綱稀勢の里が引退。1月16日に東京・両国国技館で行った引退会見では「横綱として、皆さまの期待に応えれないということは非常に悔いが残りますが私の土俵人生において、一片の悔いもございません」と口にし、涙を流す場面も見られた。 一片の悔いもございません――。このフレーズはネット上でも大きな話題を呼んだように、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング