公共交通が示す「ドアtoドア」の未来 鉄道はMaaSの軸になれるのか

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年1月18日 7時30分

2018年、日本の先進交通分野で頻出した言葉が「MaaS(MobilityasaService)」だ。報道などを追うと、シェアカーや自動運転など、自動車業界で語られることが多かった。しかし鉄道とも無関係ではない。むしろ鉄道が重要な基軸になると考えられる。 ●JR東日本は当初「MaaS」という言葉を使わなかった 16年11月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング