衰退している熱海になぜ観光客が増えているのか

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年2月12日 11時27分

いま熱海に観光客が戻り始めている。2011年には東日本大震災の影響などもあり熱海を訪れた観光客数は年間247万人と、ピーク時の半数まで減少した。だが、12年以降の観光客数は増加基調となっており、足元では310万人近くまで回復しているという。 一度は衰退したと思われた熱海だが、なぜいま観光客を呼び戻すことができたのか。行政としてどのような取り組みをしてきたのか、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング