デンソーが常務廃止 4月から「執行職」に

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年2月18日 17時40分

自動車部品大手のデンソーは4月1日付で役員体制を変更し、常務役員を廃止する。現場のトップとして迅速に意思決定する役割を強化するため、名称を「執行職」にする。 新体制の役員は会長、社長、副社長、取締役、専務役員、監査役で、役員数は55人から28人に削減する。経営の意思決定および執行のスピードアップが狙いだという。 専務役員の名称は「経営役員」に変更し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング