批判覚悟の「ピエール瀧出演作」公開を好感? 東映の株価、社長の心配に反し上昇

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年3月20日 16時33分

3月20日の東京株式市場で、麻薬取締法違反の疑いで逮捕されたミュージシャンで俳優のピエール瀧氏が出演する映画「麻雀放浪記2020」の公開を決めた東映(東証1部)が上昇。前日終値比190円高(+1.3%)となる1万5000円で取引を終えた。 昨今は「出演者が罪を犯すと、映画はお蔵入りになる」という“自粛ムード”が根強いが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング