フィリピンで綱渡り人生 借金500万円から逃れた「脱出老人」の末路

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年5月24日 10時8分

いつもは気の優しい、南国の日に焼けた長身の男が、その時ばかりは珍しく声を荒げていた。 「俺は綱渡りのような人生なんだから。ダメなものはダメ。それでも撮影を続行し、その綱を切るようなことをしたら、俺に迷惑が掛かるでしょ?そうしたら俺の面倒を見てもらえますか?」 私たちが男の職場をビデオカメラで撮影させて欲しいと頼んだところ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング