日本型雇用は“幻想” トヨタ・経団連トップの「終身雇用難しい」発言で露呈 

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年5月24日 6時30分

経団連の中西宏明会長やトヨタ自動車の豊田章男社長など、経済界の重鎮が相次いで終身雇用の見直しについて言及している。経済界トップがこうした発言を行うのは異例中の異例であり、それだけ企業が置かれた状況が深刻であることを示している。良い意味でも悪い意味でも、終身雇用制度は解体に向けて動き出した。 中西会長は4月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング