ワークマンの大ヒットは、「安いのに高機能でオシャレ」だからではない

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年6月4日 11時30分

ワークマンの勢いが止まらない。 新業態「WORKMANPlus(ワークマンプラス)」が若者や女性からもバカウケで、なんと今年4月の国内店舗数は839と、ついにあのユニクロ超えを達成。数字的にも好調で、2019年3月期決算のチェーン全店の売上高は前年同期比16.7%増の930億円となっている。 そんな飛ぶ鳥を落とす勢いのワークマンの成功をメディアが分析する際、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング