「丸亀製麺」の運営会社が米国ファンドとタッグ 世界6000店舗体制を目指す

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年9月17日 16時26分

丸亀製麺などを運営するトリドールホールディングス(HD)は9月16日、米国運営会社の「MARUGAMEUDONUSA,LLC」のパートナーとして、米国投資会社「HargettHunterCapitalManagement」(以下、HH)が組成した投資ファンド「HargettHunterPremierBrandsFundI,LP」(以下、PBF)から出資を受け入れると発表した。トリドールHDは2025年度に世界6000店舗体制の実現を目指しており、米国での出店を加速させる。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング