大手金融機関の誘いに乗って「金融デリバティブ商品」に手を出した食品卸会社の末路

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年11月13日 8時0分

1900年に創業した国内最大級の企業情報データを持つ帝国データバンク――。最大手の信用調査会社である同社は、これまで数えきれないほどの企業の破綻劇を、第一線で目撃してきた。 金融機関やゼネコン、大手企業の破綻劇は、マスコミで大々的に報じられる。実際、2018年に発覚した、スルガ銀行によるシェアハウスの販売、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング