新興メニュー「台湾まぜそば」が爆発的に広がった理由 名古屋めしの新しい活路とは

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年12月9日 8時0分

名古屋めしビジネスの強さを探る短期集中連載、最終回となる第3回は、名古屋めしシーンの新しい動きに注目していく。 江戸時代に誕生したきしめんを筆頭に、みそ煮込みうどんやひつまぶし、みそカツなど、歴史のある料理が多い名古屋めし。そんな古参メニューが群雄割拠する中で、一気に市民権を得た最新の名古屋めしが「台湾まぜそば」だ。 ●誕生から10年余りで一気に全国区に成長 誕生は2008年。オープン間もなかった新興ラーメン店「麺屋はなび」が開発した。名前の通り、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング