“食べられる”コーヒーカップが登場 一部空港ラウンジと航空機内サービスで

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年12月9日 14時55分

ニュージーランド航空は、一部機内と空港ラウンジで“食べられる”コーヒーカップの提供を試験的に開始したと発表した。 広報担当者によると、このコーヒーカップの素材は小麦、砂糖、卵、バニラエッセンスだという。パリパリとした食感が特徴で、コーヒーを注いでから最大8時間利用できる。このカップは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング