外国人部下に日本人上司の4割強「自己主張強い」「日本の常識通じない」とギャップ

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年12月11日 11時39分

外国人人材の活躍する日本企業が増えている。一方で、外国人の部下のマネジメントが思うようにいかない日本人上司も少なくないようだ。人材サービスを手掛けるパーソルグループのパーソル総合研究所(東京・港)が外国人部下を持つ上司に意識調査したところ、想定外のギャップに悩む姿が浮き彫りになった。 ●日本人上司の3割「ノウハウ無く手探り」 調査は8月、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング