2019年「食堂、レストラン」倒産件数が過去30年で最多 倒産増加率は九州がトップに

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年1月21日 9時56分

東京商工リサーチの調査によると、2019年1〜12月の「飲食業」倒産は799件(前年比7.9%増)で、2年ぶりに前年を上回ったことが分かった。バブル末期の1990年以降の30年間では、東日本大震災が発生した2011年の800件に次いで2番目の多さとなる。 飲食業の内訳は、「食堂、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング