上場企業の不適切会計、過去最多に――海外子会社のガバナンス徹底されず

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年1月24日 17時43分

東京商工リサーチは24日、2019年に不適切な会計・経理を開示した上場企業数が70社、73件に上ったと発表した。社数は前年比29.6%、件数も35.2%増となり、同社が集計を開始した08年以降、過去最多を記録した。 20年1月にも、東証一部復帰を目指す東芝で子会社の循環取引が明らかになるなど、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング