写真

新型コロナ問題によって、パワハラ増加の懸念が広がっている(写真提供:ゲッティイメージズ)

またもや、悲くて、痛ましい事件が起きていたことが分かりました。 ヤマハの30代の男性社員が、50代の男性上司から厳しい指導などのパワーハラスメントを受けて体調を崩し、1月に自ら命を絶っていたというのです。パワハラは2019年末に社内の通報窓口への情報で発覚。同社が第三者の弁護士に調査を依頼したところ、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング