緊急事態宣言で発生する「迷惑行為」から店員を守って! UAゼンセンが「警備員増員の助成」や「警察巡回の強化」など要請

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年4月7日 11時20分

流通業界などの労働組合で組織するUAゼンセンは4月3日、小池百合子東京都知事に対して、緊急事態宣言が行われた際、食料品店やドラッグストアなどで働く従業員を混乱や新型コロナウイルスの感染から守るよう要請を行った。 加盟組合の間では緊急事態宣言時の対応について不安が高まっているとした上で「従業員の感染防止のためのガイドラインの策定と事業者への指導、助成」「従業員へのマスク・消毒液の安定供給」「労働力確保と過重労働防止のための営業時間規制」「混乱抑止のための店舗への警察巡回の強化」「迷惑行為を軽減するための警備員増員や周知広告のための助成」「労働者の希望に応じた新型コロナウイルス感染検査の確保」と…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング