好況でないのに30代貯蓄急増、それでも老後が安泰でない深刻な訳――肝心の「経済成長」どう果たす?

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年5月27日 9時0分

ここ数年、30代を中心に現役世代が急ピッチで貯蓄を増やしている。背景となっているのは、言うまでもなく公的年金など社会保障制度に対する不安である。このところ個人消費の低迷が続いているが、将来を不安視した消費者が支出を抑制していることが大きく影響している。 将来不安から消費を抑制するのは当然のことであり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング