コロナでの急なテレワークは結局「失敗」だったのか――第一人者に直撃

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年6月1日 9時32分

新型コロナ対策で急速に進んだ日本企業の在宅勤務。一方、全国で緊急事態宣言が解かれ、外出自粛が緩和されていることで、自分の職場のテレワークが今後どうなるか気になる人も多いのではないだろうか。 感染症という外部要因により「強制的」に進められたとも言えるテレワークだが、元は働き方改革の施策だった。果たして今回の取り組みは企業・働き手ともに成果を挙げたのか。そして新しい働き方として定着するのか。テレワーク研究の第一人者で、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング