トップの「N-BOX」も5割減 5月の新車販売、新型コロナの影響大きく

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年6月4日 16時44分

5月の国内新車販売は、ホンダの軽自動車「N-BOX」が6カ月連続で首位となったが、前年同月と比べると約5割の減少だった。「ヤリス」「フィット」といった登録車の新型モデルが上位に入ったが、売れ筋の軽自動車は苦戦。全体として、新型コロナウイルス感染拡大による影響が色濃く出ている。 6月4日、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング