写真

WWDCのキーノートでティム・クックCEOはIntelチップから自社設計のApple Siliconへ切り替える発表を行った

Appleは、6月22日に開催した開発者向けオンラインイベントWWDCのキーノート(基調講演)で、Macの心臓部を、2年をかけてIntel製プロセッサから自社設計のSoC(注)である「AppleSilicon」に切り替えると発表した。 ●注:SoC SoC(Asystemonachip)は、シリコン半導体チップの上に多くの半導体素子(トランジスタ)を集積して中央処理ユニット(CPU)、グラフィックス処理ユニット(GPU)、メモリーなど複数の機能群を載せ、「システム」として製品化した半導体部品を指す言葉。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング