アイリスオーヤマが宮城県のマスク工場を本格稼働 月産1億5000万枚の体制を構築

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年7月10日 14時55分

アイリスオーヤマは7月9日、宮城県角田工場の一部を改修してマスク生産の本格稼働を始めたと発表した。改修の投資総額は約30億円。本格稼働にあたり、新規に100人を順次採用予定だという。 新型コロナウイルスの感染拡大による政府からの要請を受け、大連工場(中国・遼寧省)と蘇州工場(中国・江蘇省)に加え、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング