感染は自己責任? 「コロナ差別」を生み出した“とにかく自粛”の曖昧さ

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年7月10日 8時0分

新型コロナウイルスの感染が再び拡大する中、「東京差別」と呼ばれる現象が各地から報告されています。6月には、岩手県内の4つの市町村で、県外からの転入生に登校自粛を要請していたことが波紋を広げました。 報道によれば、小中学校が再開した4月上旬、教育委員会は「感染者が100人以上確認された都道府県からの転入生」に自宅で2週間待機するよう要請。緊急事態宣言が全国に拡大された16日には、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング