Flashにとどめを刺したのは

ITmedia エンタープライズ / 2017年8月24日 9時0分

ついに、AdobeSysemsが2020年末で「Flash」のサポートを終了を発表しました。かつてはリッチなWebサイトには必須の存在であり、世が世ならHTML5に代わるWeb標準になっていたかもしれないFlashは、一体、どこでつまずいたのでしょうか? 実は、私が講師を務めるITソリューション塾では、2008〜9年くらいから「Flashはヤバいのではないか」という話をしており、数年前くらいからは、「すぐにはなくならないでしょうが、長期的にみるとどうなるか分からないので、今から作るならHTML5にしましょう」と話してきました。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング