写真

更新の対象となるのは、「Endpoint Protection」「Exchange Server」「Forefront Endpoint Protection 」「Security Essentials」「Windows Defender」「Windows Intune Endpoint Protection」などの各製品

米Microsoftのセキュリティ製品に使われているマルウェア対策エンジンに重大な脆弱性が発見され、この問題を修正する定例外の更新プログラムが12月6日付で公開された。 Microsoftのセキュリティ情報によると、今回の脆弱性は、細工を施したファイルをマルウェア対策エンジンで適切にスキャンできないことによるメモリ破損に起因する。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング