年間1000円、エフエム和歌山のAIアナウンサー「ナナコ」の裏側

ITmedia エンタープライズ / 2018年3月22日 9時59分

「年間1000円で働いてくれるAIアナウンサー」。エフエム和歌山のコミュニティーFM「BananaFM」が2017年7月に始めたラジオ放送は、大きな反響を呼んだ。米AmazonWebServices(AWS)のテキスト読み上げサービス「AmazonPolly」を使い、ニュースや天気予報を自動で読み上げるというもので、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング