macOS Mojaveに未解決の脆弱性、セキュリティ研究者が指摘

ITmedia エンタープライズ / 2018年9月25日 13時28分

米Appleが9月24日に公開したmacOSの新バージョン「Mojave」(10.14)について、ユーザーの情報を流出させてしまう未解決の脆弱性が見つかったとして、著名セキュリティ研究者のパトリック・ウォードル氏がデモ映像を公開した。 Appleは同日公開したセキュリティ情報で、Mojaveでは8件の脆弱性を修正したことを明らかにしているが、この中にウォードル氏の指摘する脆弱性は含まれていない。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング