写真

新規ウィジェット「スクリーンタイム」

突然ですが、私は1990年代後半までエンジニアをやっていて、当時「健康になる」という目的のためにユーザーの行動を変える仕組みを提供するサービスを担当していました。例えば、ユーザーが喫煙や飲酒といった生活習慣を変えるため、「禁煙」や「禁酒」などの目標を設定すると、そのサービスは「無関心→関心がある→準備をする→実行する→行動変容を維持する」といった各段階に適切なコンテンツを送るのです。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング