大手4社のWebブラウザ、2020年にTLS 1.0と1.1を無効化

ITmedia エンタープライズ / 2018年10月16日 10時13分

米AppleとGoogle、Microsoft、MozillaFoundationは10月5日、それぞれのWebブラウザで、TLS1.0およびTLS1.1を2020年に無効化する計画を発表した。 TLSは通信の内容を暗号化するHTTPS接続のためのプロトコルで、2019年1月19日でバージョン1.0の登場から20年目を迎える。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング