シニアがスマホに移行するきっかけ 男性は「使いたい機能があった」、女性は「家族の勧め」が1位

ITmedia Mobile / 2017年11月6日 15時30分

NTTドコモが設立したモバイル社会研究所は、11月6日にシニアのICT利活用生活の検討に関する調査を発表した。調査時期は2017年3月、調査対象は全国60〜79歳の男女で2936のサンプルを回収した。 調査では、2017年1月時点でシニアの36%がスマートフォンを所有していることが分かった。どのようなきっかけで所有したのかを分析したところ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング