写真

リユースモバイル・ジャパンが発表したガイドライン

全世界のマーケットサイズが2兆円を超え、2020年には3兆円に達するといわれるほど急成長している中古携帯市場。 国内の中古市場が形成され始めたのは2008年頃。これまではほそぼそと存在していた市場の契機となったのが、2007年の総務省がキャリアへ提言した「端末価格と通信料金の区別の明確化(いわゆる端末と契約の分離)」でした。 総務省の当時の報告書には、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング