OPPOが「Find X」で見せる“未来” 11万円強でも日本に投入する理由

ITmedia Mobile / 2018年10月19日 20時10分

OPPOJapanが11月下旬以降に、フラグシップスマートフォン「FindX」を日本で発売する。 FindXといえば、使うときだけ内部からカメラがスライドする機構が目を引く。OPPOJapan代表取締役のトウ・ウシン氏は、「ノッチをなくし、本当の意味での未来のフラグシップを目指した」「アートとテクノロジーの融合を究極の形で体現した」とアピールする。その後の商品説明でも「未来」という言葉が何度も聞かれた。FindXに込められた未来はどこにあるのだろうか。 ●スライド機構はメカとして面白いだけじゃない プロダクトマネージャーの中川裕也氏は「未来のデザインはかつてない一体感から生まれると考えた…

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング