OPPOはなぜ矢継ぎ早に日本でSIMフリースマホを投入するのか? トウ代表に聞く

ITmedia Mobile / 2018年11月20日 6時0分

2018年の2月に「R11s」をひっさげ、鳴り物入りで日本市場に上陸を果たした中国メーカーのOPPOだが、年の瀬が近づきつつある今も、その勢いは衰えていない。むしろ、リリースラッシュで上陸直後よりも、日本市場への展開が加速しているようにも見える。まず、8月には、価格を抑えてコストパフォーマンスの高さを売りにした「R15Neo」を発売。その約1カ月後の9月には、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング