写真

「モバイル市場の競争環境に関する研究会」の第21回会合より。中古端末の流通、そして携帯電話料金に関する今後の取り組みなどについて議論がなされた

総務省は2019年12月2日に有識者会議「モバイル市場の競争環境に関する研究会」の第21回会合を実施。中古端末の流通に関して、新たにネットオークションやフリマアプリなどでの取引に関する問題提起がなされた他、携帯電話の料金に関する今後の取り組みの方向性に関する議論がなされた。 ●中古端末流通拡大のためC2Cの動向に注目 今回大きなテーマの1つとなったのは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング