世界で猛威 ランサムウェア「WannaCry」とは? シマンテックが解説

ITmedia NEWS / 2017年5月15日 11時52分

古いWindowsの脆弱性を悪用した「WannaCry」(WannaCrypt、WannaCryptor)と呼ばれるランサムウェアが世界で猛威をふるっており、英国で医療機関が機能を停止するなど、欧州を中心に大きな被害が出ている。日本でも週明けから被害が拡大する可能性が指摘されている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング