夜のオフィスでドローンが残業監視 「働き方改革に貢献」

ITmedia NEWS / 2017年12月7日 16時50分

夜間のオフィス内にドローンを飛ばし、スタッフの残業状態を監視する新サービス「T-FREND」を、NTT東日本などが開発した。人が巡回しなくても、残業している人への退社の催促やオフィス警備が可能になり、働き方改革に貢献できるとしている。2018年4月から試行サービスを始め、10月から本サービスに移行する。 ブルーイノベーションが開発した、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング