次期「6.5/6.1インチiPhone」を握ってみた

ITmedia NEWS / 2017年12月18日 11時28分

ニューヨークを拠点にする3Dプリンタで作る製品のマーケットプレイス「Shapeways」で、VenyaGeskin1が、次期iPhoneを3Dプリントで作ったモック「iPhone6.5OLED(2018)」と「iPhone6.1LCD(2018)」を販売していたので購入してみた。 KGISecuritiesのアナリストであるミン=チー・クオ氏が予想している、iPhone6.5OLED(2018)、iPhone6.1LCD(2018)の情報を元に、iPhoneXベースに画面比率に合わせて予想して作られた3Dプリントのモックがこれだ。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング